WAVE宮崎流 足が速くなる方法、速くなるコツ③

WAVE宮崎流 足が速くなる方法、速くなるコツ③

LINEで送る
Pocket

足が速くなる方法、速くなるコツを知りたい人

はてな

速く走る方法、コツを知りたい。とりあえず頑張って走りの練習はしてはいるけれど、どうやって走ればいいんだろう?

速くな走る方法、コツとかあったら教えてください。

といった疑問にお答えします。
 

✓本記事の内容

 

・走りには3つの局面がある。

・今回は減速局面

 

 

この記事を書いている私は、宮崎県マスターズ陸上M30クラス、100m.400m県記録保持者であり、陸上指導歴10年ほど。

現在もマスターズ陸上に参加して走っております。

 

 

よく質問のある、足が速くなる方法を教えてください。

速く走ると言っても、ただ足を速く動かせばいいということではありません。

走りには、3つの局面があります。

『スタート加速(局面) 『中間疾走(局面)』 『減速(局面)』

この3つの局面を理解することが大切です。

 

 

という事で今回は『減速(局面)』について説明していきます。

 

とりあえず走る練習はしているけど、、、果たして速くなってるのか不安な方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

※この記事は2分程で読み終わります。

 

 

走りに大切な3つの局面

・減速(局面)

 

減速(局面)とは?

・中間疾走(局面)の後、スピードがおちてきている場面です。

100mでも減速し、200m:400mでは、減速の時間が長くなってきます。

 

この減速(局面)の走りが勝負になっていきます。

 

減速(局面)で大切なことは

 

①:減速の度合いを緩やかにする
 
 

①:減速の度合いを緩やかにする

減速(局面)の度合いを緩やかにすることができれば、高いスピードを長く維持することができる。

 

・体力があるから、減速しにくいじゃないか?

 

最初はこう考えていました。

 

でも、

100mの速い選手は200m:400mも普通に速い‥‥

100mの速い選手は、減速(局面)でも、効率の良い走りをしていることに気がつきました。

 

もちろん、持久力アップの練習も必要だと思います。

しかし、減速(局面)を抑える走りをすることが、大きく減速する事を防ぐ事ができると思います。

 

この事を考えるようになって練習するようになってから、100m:200m、特に400mのタイムが安定する様になりました。

 

減速(局面)でやってはいけないことは、

 

【がむしゃらに走ること】

 

がむしゃらに走ってしまうと、全身に力が入って、地面に上手く力を伝えることができず、どんどん減速してしまいます。

 

減速の度合いを緩やかにするには、接地ポイントを中間疾走(局面)と同じポイントにもってくること。

これができれば、地面に上手く力を伝えられ、大きく減速すること防ぐ事ができると思います。

 

減速(局面)では、自然と体が後傾してきます。

無理に体を起こすことを意識するより、ブレーキがかからないように走ることを意識した方がいいと思います。

 

自分の近くに足を下ろすイメージで走ると、中間疾走(局面)と同じポイントの近くにもってこれ、ブレーキのかからない走りができ、減速を抑える事ができると思います。

 

そして、腕振りも大切です。

体が後継してきているので、中間疾走(局面)と同じポイントに自分の体をもっていけるように、大きく前で振るイメージで動かすと、体をポイントにもっていきやすくなると思います。

 

 

✅本記事のまとめ

 

減速(局面)

①減速の度合いを緩やかにする
・がむしゃらに走らない。
・中間疾走(局面)と同じポイントにもっていけるように体の近くに足を下ろす、腕は大きく前で振るイメージ

 

こんな感じです。

ただ走るのではなく、どういう走りをしたいか、イメージ・意識して練習するといいですね。

 

練習を楽しむ!!

 

これが1番大切です。ただやっているだけになってしまったら、練習の質は一気に落ちてしまいます。

重要なのは、『目的をもって練習すること』だと思います。

 

というわけで今回は以上です。

 

WAVE宮崎は、小学生陸上クラブ、中学生陸上クラブ、高校・一般の陸上クラブがあります。

ご興味がございましたら公式HPもご覧ください。

公式HPでは、小学生の速くなれる練習メニューも紹介しています。

WAVE宮崎⇦公式HPはこちら

 

Twitterもやっています。お気軽にのぞいてみてください。

⇦Twitterはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽に無料体験をお試しください!個人レッスンもやってます!

090-7446-9694 090-7446-9694 arrow_right
keyboard_arrow_up