WAVE宮崎流 足が速くなる方法、速くなるコツ②

WAVE宮崎流 足が速くなる方法、速くなるコツ②

LINEで送る
Pocket

足が速くなる方法、速くなるコツを知りたい人

はてな

速く走る方法、コツを知りたい。とりあえず頑張って走りの練習はしてはいるけれど、どうやって走ればいいんだろう?

速くな走る方法、コツとかあったら教えてください。

といった疑問にお答えします。
 

✓本記事の内容

 

・走りには3つの局面がある。

・今回は中間疾走局面

 

 

この記事を書いている私は、宮崎県マスターズ陸上M30クラス、100m.400m県記録保持者であり、陸上指導歴10年ほど。

現在もマスターズ陸上に参加して走っております。

 

 

よく質問のある、足が速くなる方法を教えてください。

速く走ると言っても、ただ足を速く動かせばいいということではありません。

走りには、3つの局面があります。

『スタート加速(局面) 『中間疾走(局面)』 『減速(局面)』

この3つの局面を理解することが大切です。

 

 

という事で今回は『中間疾走局面』について説明していきます。

 

とりあえず走る練習はしているけど、、、果たして速くなってるのか不安な方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

※この記事は2分程で読み終わります。

 

 

走りに大切な3つの局面

・中間疾走(局面)

 

中間疾走(局面)とは?

・スタートから加速してきて、スピードが上がりきった後

100mで例えると40m~80m辺りになります。

 

中間疾走(局面)で大切なことは2つ。

 

①:リラックスして走る
②:地面にしっかり力を伝える

 

 

①:リラックスして走る

中間疾走(局面)はスピードが上がりきった状態です。ここで、更にスピードを上げようと加速しようとしても、それ以上にスピードは上がりません。

 

・中間疾走(局面)でスピードを上げようとしても、それ以上スピードは上がらない

 

この事を知ってると知らないでは、全然違います。

 

体感では、40m付近でもどんどんスピードが上がってる気がしますよね。

※距離には個人差があると思います。

 

私は、後半強いタイプ、40mから上がっているような感覚がありました。

ですが、本当はスピードは徐々におちていっています。

 

私は、

中間疾走(局面)でスピードを上げようとしても、それ以上スピードは上がらない

この事をを知ってから200mの走り方が変わりました。 

後半にスピードを上げていくにはイメージで走っていたのを、後半はリラックスして走る(イメージ)ようにしました。

この走り(イメージ)で、23秒切れずにいたのが、あっさり23秒を切ることが出来ました。

 

 

中間疾走(局面)で速く走ろう、スピードを上げようとすると、全身に力が入ってしまいます。

 

全身に力が入ってしまうと思うように体は動いてくれません。

地面に強い力も伝えられません。

スピードを上げようとはせず、リラックスして

 

ボールが弾んでいるようなイメージ

 

で走るといいでしょう。

 

中間疾走(局面)では、正確な動きで地面に力を伝えることが大切です。

 

 

・地面にしっかり力を伝える

 

スピードが上がった状態の中間疾走(局面)で、地面にしっかり力を伝えるには、足を下ろすポイントが重要になってきます。

そして、接地時間を短くすることも大切です。

 

足首をロックして、お尻とお腹を固めて、つま先から接地してブレーキがかからないように、

 

よく言われいるのが、

 

体の真下に足を下ろす。

 

私は、地面に対して真下に脚を下ろすイメージで走っています。

 

すると、上手く地面に力を伝えられます。

そして、このタイミングで、脚を速く動かすことで、接地時間を短くする事ができます。

 

これができると、自然と体は進んでいきます。

 

足から前に出ると、ブレーキがかかり、地面に上手く力が伝わりません。

 

ミニハードル走を行うと、動きの確認がしやすいと思います。

 

 

 

・足がから前に出て、上手く地面に力を伝えられていない

 

 

 

 

・体の真下にきて地面に上手く力を伝えている

 

 

 

 

 

 

 

✅本記事のまとめ

 

中間疾走(局面)

①リラックスして走る
・中間疾走(局面)でスピードを上げようとしても、それ以上スピードは上がらない
・速く走ろうとはせず、ボールが弾んでいるようイメージで走る

②地面しっかり力を伝える
・体の真下に足を下ろす
・接地時間を短くする

 

こんな感じです。

がむしゃらに走るのではなく、どんな走りをするか、イメージ・意識して練習するといいですね。

 

練習を楽しむ!!

 

これが1番大切です。ただやっているだけになってしまったら、練習の質は一気に落ちてしまいます。

重要なのは、『目的をもって練習すること』だと思います。

 

というわけで今回は以上です。

 

WAVE宮崎は、小学生陸上クラブ、中学生陸上クラブ、高校・一般の陸上クラブがあります。

ご興味がございましたら公式HPもご覧ください。

公式HPでは、小学生の速くなれる練習メニューも紹介しています。

WAVE宮崎⇦公式HPはこちら

 

Twitterもやっています。お気軽にのぞいてみてください。

⇦Twitterはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

まずはお気軽に無料体験をお試しください!個人レッスンもやってます!

090-7446-9694 090-7446-9694 arrow_right
keyboard_arrow_up